就職活動と面接

面接は就職活動をする上で、とくに頑張るという人も多いのではないでしょうか。

面接試験に誰を呼ぶかを決めるために使用されるのが、職務経歴書や自己PRなので、これももちろんポイントにはなります。

就職活動をしている中では、面接を受ける前に書類選考で落ちるということもあります。

簡単にいうとその企業の基準に自分が当てはまらなかったということになるのが、書類選考に通らないということなのです。

その書類選考で落ちてしまった企業と自分との間に縁がなかったと考えるのがおすすめです。

そんなに気にせず、落ちた原因をいろいろと考えることはせずに新しいところに再チャレンジすることが大事なのです。

 

チャンスなのは、書類選考や筆記試験を通って面接まで進むことができた時です。

たとえ筆記試験の結果があまり良くなくても、その分を面接を頑張ることで補うことも不可能ではありません。

就職活動でのいくつかのステップの中では、面接は大変重要な部分であり、採用する企業は重視しているものです。

その企業にとって重要な人材かどうかとか、自社の社風に合うかどうかを判断するのが面接試験の目的です。

礼儀や常識などが社会人としてあるかどうかをチェックしたり、仕事上どうしても不可欠なコミュニケーション能力の有無について見るために行われれるのが面接です。

 

人材を募集している企業にとっても、選考試験中でとくに重要視しているのが面接なので、就職活動をしている人にとってもかなり大事なものになってくるでしょう。

レクタングル

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: 就職活動   パーマリンク