自分に合った仕事とは

多くの人が、自分が適正を持つ仕事を持ちたいと思っているのではないでしょうか。

どうすれば、自分と相性がいい仕事を探し出すことができるものなのでしょう。

自分に合った仕事を見つけるためにはまずこれまでの自分の判断基準を振り返ることです。

学校選びや、職場選びなど、重大な決断をしなければならなかった時の行動を分析してみます。

自分が何を好んでいたか、何を避けていたかを改めて考えましょう。

どんなことを重視して物事を考えてきたのかを知るためには、転機に行った自分の決断を文字にしてみることです。

これまで自分が重んじていたのは周りの評価か、目標への達成感なのか、奉仕の精神なのかなどがわかってきます。

 

 

現在の職場が、今まで自分が優先していたものと合致しているかどうかを確認してみましょう。

新たに仕事を見つける場合でも自分の価値観が明確であれば判断がしやすくなります。

 

 

自分の適性がどこにあるか判断できないという人は、到達点がまだ見えていません。

到達点が見えない理由の一つに、自分にはわからない仕事が存在することがあります。

選ぶための前提知識が乏しければ、自分に合うものをピックアップすることはできません。

働くことが可能な仕事には何があり、自分にはどんな特性があるかを知って、初めて両者を結びつけられます。

レクタングル

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: 自分に合った仕事   パーマリンク