自分に合った仕事を探す3つのステップ

自分と相性のいい仕事につきたいという人は多いようです。

自分に合う仕事を知るためには、3つの段階を順々にクリアしていくことが大事です。

最初に、現状のことを文字化していきます。

仕事について不満足なことがある時は、仕事をどう位置づけているかを合わせて考えていきます。

自分が実際にどういう仕事をやっているのか数日間かけてしっかりと書き出していきましょう。

現在、最も重要に捉えていることは何かを検討しながら、仕事ではどういったことをしているかを文字にしていきます。

定期的にこの作業をすることで、自分に合う仕事に気づけることもあるようです。

仕事内容を文字にしたら、どの仕事を熱心に行っており、どの仕事がうまくいかず、どの仕事がストレスが溜まるかなどを見ていきます。

 

一通りの分析が終わったら、楽しい仕事を集めます。

楽しい仕事内容を軸にして、ずっとやっていてもいい仕事をまとめていきます。

夢物語のレベルでもいいので、やりたいことをずっとやっている自分を想像します。

何年も続けていけるイメージがわくか、それをしたいかを検討します。

仕事でも個人的なことでも好きなこと、続けたいこと、得意ことを書き出してみましょう。

働き方は1人か、大企業か、会社の雰囲気はどんなところかなどを考えます。

納得のいくまで書き出す作業ができたら、それを読み返して検討します。

紙に書いてあることを実現するために、どんなことをしていけばいいかを考えます。

今までの作業を振り返れば、自分には何ができるかが見えているはずです。

 

自分にとって、適性のある仕事ができるように、努力をしてみてください。

レクタングル

この記事を読んで当ブログが面白いと思ったら、ぜひRSSリーダーやはてブなどに登録していただいて、また遊びにきてくださいね!


カテゴリー: 自分に合った仕事   パーマリンク